200年住宅 HABITA | MISAWA international
HOME>Q&A

| 家づくりについて |

「現し」が基本とのことですが、省エネのための高気密・高断熱化は望めるのでしょうか?
構造体を「現し」にすることと、高気密、高断熱化は別の問題です。
気密性は、窓や扉など、直接外気に面する開口部の性能によって大きく左右されます。 高断熱は、断熱材の種類や施工方法によって変わります。最近では「断熱塗料」という新技術も開発され、無色透明な塗料を塗るだけで、 断熱性能を高めることができるようになりました。つまり、建った後からでも性能を向上させることができるのです。HABITAの考え方は、構造体を「現し」にすることによって、建物の耐久性を高めようという考えからなっています。
Copyright (C) all Rights Reserved. by Misawa International.