200年住宅 HABITA | MISAWA international
HOME>Q&A

| 構造体について |

「大断面木構造体」とは、どのようなものでしょうか?
木材の断面が大きな材を使用して構造体を造ります。
一般住宅で使用される柱の大きさは、3.5寸角(10.5×10.5㎝)がほとんどです。最近は4寸角(12㎝×12㎝)も使われるようになりました。HABITAでは、一般には流通していない15×15㎝の5寸角柱を採用しています。さらに、梁には1尺(30㎝)の大断面材を使用しています。
Copyright (C) all Rights Reserved. by Misawa International.